ポストイメージ 3日本の楽しいギャンブルスポットとその理由 - 日本の楽しい賭博場3つと絶対訪れるべき理由

日本の楽しい賭博場3つと絶対訪れるべき理由

横浜は日本最大級の都市で、1859年から港で外国人を受け入れてきました。国会ではギャンブル合法化の新法案が通過しました。ただでさえ観光業で栄えている横浜では、近い将来それがさらに加速することでしょう。

ここでは、日本に行ったらぜひ訪れたい、合法でギャンブルができる場所をお知らせします。

パチンコ店と未来のカジノ

トツカーナモール内にあるパチンコ東横フェスタ2は、戸塚エリアで最大かつ最もラグジュアリーなパチンコ店です。

日本ではギャンブルは違法であり、それを支持している人は、ギャンブルは大衆に陰鬱と破綻をもたらす以外の何物でもないと長年理由づけをしてきました。

しかし、本当にうまい理由づけがなされているのでしょうか? 日本ではギャンブルを「違法」としながらも、いくつかのスポーツはお金を賭けることができることについて疑問を投げかける人もいます。

例えば競馬やオートレース、そしてもちろん日本中にあるパチンコ店などです。

日本のギャンブル合法化を支持する人は、日本でカジノを営業することを認可する2016年に新法案を提出しました。日本は経済的に豊かで、他のアジアの国、また世界的に見ても多くの富裕層が住んでいる国だということはご存知ですね。

ギャンブルは多くの人を魅了します。日本は長年多くの観光客を受け入れてきており、国会議員の中にはギャンブルを合法化することで、富裕層や裕福な観光客が日本経済を促進させると考え新法案を支持している人も多くいるのです。

ラスベガスに拠点を置く企業、ラスベガス・サンズ社とMGMリゾーツ・インターナショナルはどちらも、日本を次にカジノで人気となる国として見ています。また、ギャンブル業界の他の大企業も日本に投資しようとしています。

シーザーズは、「Yokohama Art & Culture Park and Entertainment Resort」という施設をオープンする計画を公に発表し、横浜にオープンする最初のカジノとなるために苛烈な競争を行なっています。この発表で、横浜市の議員はギャンブル認可を支持するかどうかのプレッシャーをかけられています。

現在、横浜では最初のカジノをオープンできるかどうかについて未だに調査が続いていますが、そう長くは続かないでしょう。なぜなら、ギャンブルが地方自治体、また政府に多大な税収をもたらすことは明らかであるからです。

パチンコ博物館と最初のピンボールマシン

トツカーナモールは駅に直結しており、どこへ行くにも便利です。戸塚に滞在する際は、このモールで必要なものはすべて揃います。

また、博物館周辺や近隣都市の他の博物館への接続のしやすさも魅力です。現在、パチンコは日本人だけでなく観光客にも大変人気となっており、多くの店がオープンしています。

歴史ある土地と戦前の建築

古い競馬場や、昔の建築を見られる場所もあります。日本は矛盾した国であり、西洋人に建築を任せていた時代もあったのです。

新しいギャンブル法案はすぐに議会を通過し、承認されることでしょう。そうすれば戸塚はさらに変わり、より多くの観光客を受け入れることになります。

日本はすでに多くの観光客を迎え入れており、横浜がギャンブル認可を受けた暁には、さらに多くの人が訪れるのは明白です。その時は、戸塚が観光客の要求に応えられるでしょう。

How Bitcoin Will Revolutionize Gambling Infographic